勉強会を主催するだけでなく

あからさまに宣伝しつつ。

今現在、主催している・主催する勉強会・セミナは以下の3つ。

今後は、既存の勉強会でスピーカーをさせてもらうというのにもチャレンジしていきたいなと思っています…。普通はそっちが先?

フリクションいろえんぴつレビュー

ついに出ました!

PILOT社の"消えるボールペン"「FRIXION」シリーズに、24色展開のカラーボールペンが登場です。早速購入したのでレビューします。

24colors

■ネーミング

ボールペンなのに"いろえんぴつ"というのは不思議なネーミングですが、色数が多いですよ、というアピールなのでしょう。注意書きには「この商品は色鉛筆ではありません」と書かれていました冷や汗

■書き味

今のところ0.7mmのみです。手持ちのフリクションボール0.5mmと比べてみたところ、線の太さは倍くらいに感じました。でもその分、なめらかに書けます。そのうち0.5mmも出るんじゃないでしょうか。
��ちなみに、フリクションボールは0.7mm,0.5mmの2種類ありました)

■何に使うか?

やはりマインドマップ。私は8色セットのフリクションボールで書くようになって半年くらいですが、使える色数が少ないのは時々ストレスだったので、この商品はとても嬉しいです。

■ライバル?商品

マインドマップをフリクションで描いていましたが、"消すこと"が思ったより少ないので、STEADLER社の細書きサインペン20色セット
(ケースのフタが折れてスタンドになるアレ)にしようかと悩んでいたところに、タイミングよく新発売となったのでした。でも0.3mmという細さは魅力です…。ブランチ塗るのが大変そうだけど。

追記:
PILOTのWEBサイトには未だ情報掲載されていないようです。試験販売中?

イラスト・シンキング講座を受講しました

土曜日、第1回マインドマップコンテスト大賞で有名な"やまもとさをん"さんのイラスト・シンキング講座を受けてきました。

■内容は
・イラストを描くときに気をつけておくと、ちょっと上手になる基本的なコト
・キャラクタの描き方
・("モノ"ではない抽象的な)コトの描き方
という基本的なポイントを勉強しつつ、
・描くことに対する心の壁を取り払う
ことを目指す講座でした。

■「心の壁を取り払う」について
具体的には、とにかく5時間、段階的にテクニックを教えてもらいながら描いて描いて描きまくり、描いたイラストを見てもらって、他の人の描いたイラストを見て学んで、ということをひたすらやります。

■私の収穫

  • 基本的なテクニックを学んだおかげで、描くイラストが安定してきたこと。
  • 内容を考える、ラフを描く・練習してみる、本番をさらさらっと描く、という流れが身についたこと。
  • どんなお題に対しても「上手く描けるだろうか?」ではなく「どう描けば伝わりやすいだろう?」という視点で考えられるようになったこと。

です。

■変わったこと
収穫の最後のポイントについては実際「この状況を絵日記に描くとしたら、どんなふうに表現するか?」と考えることが日常生活で何度かありました。
まだ慣れてないので考え始めると「それしか考えられない」状態になってしまいます。ですが、もう少し慣れてパラレルに考えられるようになってくれば、描かずして表現の幅も広がっていくだろうな、という実感を得ています。

■感想
おもしろかった!です。
左脳人間なシステムエンジニアの日常を脱した、新鮮な一日でした。

■写真
講座中に描いた4コマ・イラスト×3です。
20081018_1_2
20081018_2_2
20081018_3

ベンチャー企業と受託開発

週末に「百万遍チャーの会」という学生向けのイベントに参加してきました。

京都の百万遍周辺に数多くあるというITベンチャー企業が、

「より幸せに働くこと」(だっけ?)をテーマに、

学生に向けてベンチャー企業への就職や起業をアピールするという感じの企画です。

なんで私が参加したのかというと、

株式会社はてなの近藤社長を一度見てみたかった、というのが理由です。

近藤さんは、たしか私と同い年くらいなのですが、

いろいろな経験をされてきた渋み・凄みがお顔に出ていて、

他の同年代の方と比べても全然ちがうなーという印象でした。

さて。肝心のお話の内容ですが、

「はてな」の会社・サービス紹介(宣伝?)が40分くらいと、

近藤さんが大学院を中途退学して起業されたときのお話が20分くらいでした。

後半の起業〜創業期のお話が大変興味深かったです。

はてなの創業期は"人力検索はてな"だけでは売り上げが立たず、

食べていくために受託開発の仕事をしはじめたそうです。

それが少しずつ軌道にのり、

どんどんと大きな仕事を任されるようになったのですが

社員数をほとんど増やさず、ひたすら生産性を上げることで

会社規模からすると(一般的には)大きすぎる案件をこなして

高い利益をあげて、それを自社開発サービスの充実(サーバ増強とか)に

つぎ込みつづけてサービス事業を育てていった、というお話でした。

私がつとめている会社も、

食べるために受託開発の仕事をしていますが、

「自社開発サービス/製品で、どーんと当てたい」という想いがあるところは

同じです。

ただ、その想い・覚悟がの深さが"はてな"とは違って、まだまだ浅いです。

どこまでリスクを取るのか、という問題なので、

どちらが良いという話では無いとは想いますが、

「やっぱり賭けるものが大きくないと成功は難しいのかな」

と考えさせられました。

ベンチャー企業と、非ベンチャー企業の中間として、

社内ベンチャー起業するというのも良いのかも、なんて考え中です。

んー…。とりあえず手を挙げてみるかな。

[本]すごい名刺 & ノンデザイナーズ・デザインブック

最近3ヶ月で4種類、名刺を作った。

本書をもうちょっと早く読んでいたら、裏面を有効活用できたのにな、と悔しい。

以下、箇条書きで内容紹介&括弧書きでヒトコト感想。

・名刺デザイン上でのポイント(全部やるとドギツイ感じになりますが)

・名刺に詰め込める工夫いろいろ(アイディア満載でした)

・自分の人脈形成パターンに名刺を組み込むことについて(以外と合理的)

・名刺交換のマナー

・名刺交換時の話題作り(これ苦手だったので読んで良かった)

ついでに。

私が名刺デザインでお世話になった本も紹介しておきます。

といっても読んだのは5年くらい前なのですが、まぁ、それくらい良いということです。
私はDTPの専門家ではないけれど、この本で、DTPデザインの本当に基本の部分だけを勉強しました。センスなんて無くても、原則だけを忠実に守るだけで、素人っぽくなくなるのが目から鱗でした。

ビジネスに関わる人全てにオススメです。WordやExcelでレポート一枚書くときに威力を発揮しますよ。

初セミナ講師を、無事終えて。

講師としての初セミナー、無事終了しました。

参加してくださった受講生の皆さま、

お世話になった皆さまに、感謝です。

実は、自分でも、ちょっとどうかと思うくらい、

リラックスして臨んだ積もりだったのですが、

終わってみると、ドっと力が抜けていったので、

「やっぱりリキんでたんやな、緊張してたんやな」

と実感しました…。

これまでの日常生活の
3倍くらい濃い時間を過ごしていたからでしょうか。
振り返ってみると、たった3ヶ月の出来事だったというのが
ちょっと信じられません。
本当にたくさんのイベントがあり、すごく忙しかったのですが、
"頑張っていた"感は無く、苦しいよりも、
 楽しかったな
という感想が残りました。

どうやってモチベーションをコントロールするか、
というのを体感できたこと。

スピーチの技術を訓練で伸ばすのは、
想像していたほど大変ではなかったこと。
(どのくらい伸びたのかは聞かないでくださいw)

など、多くの学びも得ました。

ありきたりな文句ですが、
これをゴールとするのではなく、通過点として、
今後はもっと色々なことにチャレンジしていきたいと思います。

セミナ受講者アンケートに、
"嬉しい感想"をたくさん書いていただいていたので、

読み返してニヤニヤしながら眠ろうと思います。

カードゲーム形式で学ぶブレインストーミング「ブレスター」体験

"ブレスター"というカードゲームをご存じでしょうか。

ブレスターは、知らず知らずのうちに、ブレインストーミング(※)の基礎が身につく、新感覚ゲーム教材です。(中略) プレイヤーは4人(2人、3人も可)です。はじめにアイデア出しのテーマを選び、プレイヤーは順々にアイデアを出して行きます。パスもできますが、ゲームに勝つためには、アイデアをとにかく出し、手元のカードを減らすことが必要です。なお、負けた人には、ほんのり恥ずかしい知性な罰ゲームがあります。
販売元サイトより引用

以前より興味があって入手していたものの、なかなか人数がそろわず遊べなかったのですが、昨晩ようやく遊ぶことが出来ました。8人も参加してくれたので、ブレスターを2セット使って、4人ずつに分かれて2時間弱、会社の会議室でワイワイと遊びました。

感想
最初のうちは、どんどん進むのですが、ゲームの後半、だんだんアイディアが出なくなってきてからが面白かったです。普通にブレストしても、あんなに頑張ってアイディアを出す – まさに"絞り出す"感じ – ことは無いだろうな、と思いました。ゲームにしたほうが真剣に考えるんですね。

3ラウンド(15分×3ラウンド)45分あそんだら、脳がアツくなってる感じがしました。何年ぶり?という感じです。普段の生活では"ひたすら発散"という使い方はしないので、負担が大きいようですが、何回も繰り返すことでブレスト脳を鍛えられそうな予感がありました。

一緒に遊んだ同僚の評判も上々で、毎日の昼休みか、おやつ休憩時に15分やろうかという人も何人か居ました。

アイディア会議でお困りの方にオススメです。

充実した週末。ちゃんと散髪、異業種?交流会、勝間さんのサイン会の3本でお送りいたします。

久しぶりに日記っぽいことを書いてみます。
今週も充実の週末でした。

土曜日は、内方先生に教えていただいた美容院に行きました。人生のほとんどの期間を、坊主頭で過ごしてきた私ですが、少しはオトナな髪型になったと思います。33歳にしてようやくオトナの仲間入りが果たせたのかもしれません。美容師さんには「どうせすぐに(坊主頭に)戻すんでしょ」と言われてしまいましたが、自分でもそんな気が…。

その帰りに異業種?交流会にいってきました。いろいろな職種の方が、それぞれ色々な悩みをもちつつも前向きに取り組まれているエネルギーに触れるというのは、良い充電になります。あと、女優さんとか、劇団制作部の人とか、芸能関係の人にお会いできたのも、とても新鮮でした。

日曜は、勝間さんの本のサイン会に行ってきました。
近くの書店で開かれるという噂を土曜日にきいたので、さっそく書店に電話してみると、まだ整理券が残っているとのこと! その場で予約して出かけてきました。

書店のサイン会に行くのは初めての体験だったので、いろいろと面白かったです。列に並んでいた方の2割くらいがお子様連れでした。30代の読者に向けて書かれた本なので当たり前といえば当たり前ですが、生で見ると実感が湧きます。

さて。勝間さんは思っていたより小柄で、ガッシリした体格をされていて、強そうな感じでした。サインを頂くときに、気さくに話しかけていただいたのですが、緊張してしまい何を喋ったか忘れてしまいました…。

来週日曜は、いよいよコスモマップ基礎講座でで初講師です。仕上げの練習をしなくては…。