働く気持ちに火をつける—ミッション、パッション、ハイテンション!読んだ

「働く気持ちに火をつける—ミッション、パッション、ハイテンション!」を読んだ。

情熱をもって取り組んでもらうために、ミッション(仕事)を与える側が注意すること。

  • 明確にしなければならないこと
    • 期限
    • 結果
    • いずれも「ぎりぎりポッシブル」であること
  • 明確にしてはいけないこと
    • 手段
      • 「任されている実感なくしては能力を発揮できない」

その他、気に入った言葉・気になった言葉

  • 井上陽水は、ある本でこんなことを言っていた。曲をつくるのはものすごくクリエイティブな作業のように思われているが、「襖職人」のような感覚に近いという。「基本的には襖張りと同じです」という言葉が印象的だった。
  • 仕事が嫌になってしまう理由として、忙しい、つらいという以上に、飽きる、退屈だ、つまらないということがよくある。単調さの中に、どうやって快感を見つけるかの回路をつくり損ねてしまったケースが多い。